2013年05月24日

空飛ぶ恋人たち


今日のこと。


あちこちと用事を済ませて

夕方

ようやく家に帰り着こうと

我が家の敷地に入ろうとしていた時



道の真ん中で何か動いてる!?



んん?


鳥?



えっーーー!


と思って


急いで車を止めて見に行くと


1羽は仰向けで死んでいる様子


そしてもう1羽は車に轢かれたのだろうか。


ヨタヨタと千鳥足で


バタッと倒れては


あっち行き~


また


バタッと倒れては


こっち行き~としている。



おいで~おいで~


無意識に声に出している。



早く!早く!





祈る思いで


その鳥を見ていると


なんとか


我が家のログハウスの下に潜り込んだ。


はぁよかった・・・



次に


あの死んだ鳥は・・・



車が行き交う中


あぁ、どうか轢かないで

踏み潰されたら可哀想よ


お願い!


お願い!


お願い!


轢かないで~!!!



声に出しながら


心の中で叫びながら


もう半泣きだ。


情けないほど


どうしていいのか頭が回らず


涙は出てくるわで


やっと思いついたのが


ほうきとチリトリ。



急いでそれらを持ってきて


車の流れが少し止まったときに


慌てて鳥をチリトリに入れたら


何と動いたじゃない!!


あなた 生きてたのね


生きてたのね・・・



良かった・・・・







あの子は?


あの子も保護しなくちゃと


さっきの千鳥足の子が潜った


ログハウスの下を覗くと


ゴミ用の緑のネットに隠れている。


そんなところに居たら


足が引っかかってしまうよ


ネットを引っ張り出すと


びっくりしたのか


あの子


何処かに飛んでいってしまった。



あぁ、まだ飛べる元気があったのね。


良かった。



さて


残るはチリトリの君。



どうしよう。


とりあえず箱に入れておこう。


倉庫の涼しいところに置いて


パパさんを呼んでくる。


この鳥は何て言うの?


パパさんも知らないらしい。


じゃ籠に入れて病院に行かなくちゃ。


籠にソッと入れてもらった。


その時


バサバサバサとちょっとだけ飛んだの。


そうか、生きたいよね。



鳥を保護した時は・・・


ネットで検索してみる。


公益財団法人日本鳥類保護連盟

『翼をケガして飛べないようだ、

テグスがからまってケガをしている

元気がなくうずくまっている・・・


そんな鳥を見つけたら

都道府県の鳥獣保護担当部署へ連絡をして

指定の救護施設や動物病院に診てもらいましょう』


よし、連絡入れてみよう!


と、思っていたら


パパさんが一言。


案外飛んでいくかもよと。



えっ・・・


そうなん!?





少し様子をみようか。





今まで鳥を飼ったことがないけども


こうやって君をじぃーと見ていると


なかなか男前だよね。


あっ、君は男の子なのか?


そんなことを語りかけていると


犬用の籠

鳥にとっては広い隙間で


その隙間から飛んで行っちゃったの!



えっ うそ・・・


呆気なく


バサッバサッとしたかと思うと


すき間からあっという間に


飛んでいっちゃった。






ついさっきまで


ハラハラして


涙ウルウルしてたのに


なんだか気が抜けちゃったよ。



2階の窓から外を見ると


鳥がたくさん飛び交っている。


あ、目の前の電線に2羽の鳥が・・・





さっきの鳥かな。


今思うと


きっと2羽の恋人同士は


じゃれ合って飛んでいたんだよね。


低飛行している時に


きっと車に接触して


脳シントウを起こしたのかもしれない。


だから千鳥足になってた。

だから引っくり返ってた。


でも良かった。


ほんとに良かった。



君達がしあわせでありますように



私はこれで気持ちよく眠れるよ。


生きててくれて ありがとう。






同じカテゴリー(保護・愛護関係)の記事画像
ワンコさんにお家を
子供キジバトの感動な巣立ち
キジバトの巣
イソヒヨドリ
犬友のみなさんへ感謝
ワンコたちに感謝♪
同じカテゴリー(保護・愛護関係)の記事
 ワンコさんにお家を (2014-05-03 09:37)
 動物の悲劇 (2013-10-19 13:31)
 子供キジバトの感動な巣立ち (2013-09-28 09:49)
 キジバトの巣 (2013-09-28 00:00)
 犬友さんが映ってる! (2013-09-25 09:23)
 イソヒヨドリ (2013-06-02 23:57)