2013年03月28日

母との日々 20

母の脳は日によって違う。

夜勤明けで家に帰ると
パジャマのままで手にはビニール手袋。

「あ、おかえり~!」と

私を見て元気よく言ってくれたので
今日の母は調子がいいんだとすぐに分かった。

不穏になるので母には夜勤の事を言わずに
母を寝かせて家を出たので、
私の中ではとても不安だったが
先ずは良かった良かったicon14


洗面台をゴシゴシしている母に

「何してるん?」

と聞くと

「掃除よ~」って。


「先に服に着替えたら~」と言ったら

我に返って

「あ、そうだわ」って。


でも、服の組み合わせがわからないと言う。
いつものことだ。

だけど、元気な母を見て私は嬉しかったface01


そして次の日。
今日は駄目だ。
また元気が無い。

「何をしたらいいの~」の連発。
やる事を一つ一つ言われないと止まってしまうのだ。

でも、やれる事は限られている。

家事の好きな母だったが
洗濯物干して~と言っても
つい先日まで出来ていたのに
今は少し干してすぐに駄目だと言う。
干し方がわからなくなるのだ。

食器を洗っていても
途中で止まってしまい、
「どう洗うんあったかなぁ」と聞いてくる。

そして自分は何もできないと落ち込む。
大体がこのパターン。
そしてそういう時の母の表情は暗い。

また先日、
2階で寝ている私が起きて階段を下りている時。

母の室内履きが階段の段違いに置かれていた。
つまり上っている途中で脱げた感じ。

母に夜中に2階へ上がったの?と聞くと
うん、3人の人が2階に上がったから追いかけたのと。

わぁこれは幻覚を見ているんだicon10


後日の診察時、主治医にその事を伝えて
脳の検査を~とまた言ってみたのだが
何故か先生は「今はそういうことより~」と拒否される。


何だか先生に対する不信感が募り
どうして検査をしてくれないのか苛立ってる自分がいた。


同じその日だ。
元同僚のケアマネと母の事について話したのは

その中で、
主治医が脳の検査をしてくれないという話しをした時に
こんな話しを聞かせてくれました。

同じパーキンソン病を持ちつつ
圧迫骨折をして4ヶ月入院した方がいる。

それまで普通だった方が
退院後には見事に認知症になっていた。

でも、ぼちぼちココへ通いだして今1年半。
普通に戻ってるんよ~。

パーキンソン病の薬の副作用による
ポッポッとした記憶障害は時々あるけど
いや、でもやっぱり普通よ~。

それだけ入院生活が脳に及ぼす影響って大きいんやね~と。



そうなんだ~と私はちょっと目から鱗だった。
早くに白黒つけたがっている自分が恥ずかしいというか。

もうちょっと長い目で見るべきなのかもしれない。

先生は仰ってた。
とにかく夜に眠れないのが一番悪いと。
だから今はそんな事より眠らせてあげる方が大事とも。


そう言えばそうだ!
私だって夜勤明けの1日は朦朧としている。

睡眠不足になると判断能力も落ちる。
体もシャキッとしない。

それが何日も眠れない母なら尚更だよ。
そうか~そうだったんだ。


彼女の言葉に私は目覚める思いで
これ以上薬が増えても
母にとってはしんどいことなのだ。

きっと時期が来れば先生もやってくれるだろう。
そういう気持ちになってきました。

それに結核性胸膜炎の薬が8月始めに終わる。
その時、それでもまだおかしかったらその時こそ、
お願いしよう。

うん、そういう事にしよう。





リボーンちゃんのママへ
いつも親身になって情報を知らせてくれてありがとう(^^)

まあるさんへ
それこそ、ココっていう時には必ず
貴重なご意見を聞かせてくれてありがとう(^^)






同じカテゴリー(母の病気)の記事画像
母との日々 52 (お別れ)
母との日々 46
母との日々 45
母との日々 41
母との日々 36
母との日々 35
同じカテゴリー(母の病気)の記事
 母との日々 52 (お別れ) (2013-11-09 11:55)
 母との日々 51 (2013-10-25 16:34)
 母との日々 50 (2013-10-21 19:50)
 母との日々 49 (2013-10-09 18:00)
 母との日々 48 (2013-09-29 21:00)
 母との日々 47 (2013-08-31 23:31)